中国の清明節について

大家好,欢迎来到ビジネス中国語コミュニケーション。

今日は中国の清明節のことについてご紹介させていただきます。

中国で清明節は非常に大切な日です。2018年の清明節は4月5日です。清明節、春節、端午の節句、中秋節をあわせて中国四大伝統祝日といいます。

初めは節気、祝日ではなく、「清明」と呼んでいました。なぜならこの節気は仲春なので、天気も気持ちよく、すべてのものが綺麗に見えます。古くから清明のころは人々がピクニックをするにはちょうどいい季節でした。それから墓参りとして主な目的の寒食節(三日間火を使わず冷たいものを食べる事)は清明節の前なので、ゆっくりと歴史発展の過程中、人々は墓参りとピクニックを二つを一つにして、今日の「清明節」が形成されたのです。

In China, the Qīngmíng Festival is a very important day. It also refers to the four traditional Chinese holidays such as the Spring Festival, Dragon Boat Festival and Mid-Autumn Festival. The beginning of this festival season is not a holiday, the reason why it is called “qīngmíng” (clear and bright) is because this festival season is in the middle of the spring, clear and bright, and everything is clear and clean. It has been a good time for people to enjoy the beautiful spring. Later, due to the long historical development process of the grave worship festival with the main purpose of worshiping ancestors to sweep the tomb was before the Qīngmíng Festival, people combined the grave-sweeping and outings, and then gradually formed today’s “Qīngmíng Festival” (Tomb-sweeping Day).

私の感覚ですと、清明節に近づくとちょっと寂しい、ちょっと悲しい感じもしますが、実に含蓄のあるものですね。clear, bright, clean...素敵!とても癒やされます。一つの文化の裏にはこんな深い意味があることは改めて感じております。

日々勉強です。

日々反省です。