「どちらかどいうと」をやめよう

みなさん、こんばんは。ビジネス中国語コミュニケーションのブログへお越しいただき、ありがとうございました。

以前にもお触れをしたのですが、日本人は曖昧の文化で、はっきり物を言わない人が多いですね。文化として、価値観として、尊重しますけど、いろんな場面では誤解も多いですし、曖昧だとすぐに行動に移せないというデメリットも存在します。

私もよく曖昧な言葉を使いますが、その代表的な言葉は「どちかというと」です。経験上では分かりますが、日本社会では言いやすい言葉ですが、中国人にもアメリカ人にも通用しないことがわかりました。

どちかというと、いったいどっちなの?

はっきりするまで問い詰められますね。曖昧しない=はっきり物事を言う。「どちかというと」をやめると、何事に於いても決断が早くなります。

言葉を変えれば考え方も変わります、考え方が変われば行動も変わります。行動が変われば、人生も変わります。みなさんはぜひ曖昧をやめて、人生の変化を楽しんでいきましょう!

中国語:改变自己吧!(gai bian zi ji ba)

日本語:自分を変えよう!

英語:change yourself