中国での会社設立に関しる知識『ビジネス中国語』

□会社設立の許可にこれだけは必要

●会社の名称を決めて申請(名称の使用可否の審査に1ヶ月以上かかる)

●会社の経営(業務)内容を決め、申請する(会社形態、規模により制限がある業種もある)

●資本金額、董事長、董事(取締役)、法廷代表人などを決める(外資100%の独資企業の場合、特に時間がかかる)

□会社設立のメリットとデメリット

メリット

●営業活動ができる(駐在員事務所では営業活動はできない)

●外国人の駐在ビザ(就労資格)が申請しやすい

●領収証が発行できる(中国の領収証(发票)は税務局が管理している)

●地に足をつけてビジネス展開できる

●情報が入りやすくなり、マーケットの変化に対応しやすい

デメリット

●外資系の場合は起業、納税、監査、撤退など総ての手続きが面倒

●納税の仕組みも複雑で理解しがたい

●日中関係の動向により業務も大きく左右されることがある

●地域により条例や規定が異なり複雑