中国の海南省を自由貿易試験区に

 

大家好,欢迎来到ビジネス中国語コミュニケーション。
今日は簡単に海南省の紹介をさせていただきます。

中国の海南省は上海、北京ほどあんまり知られてないかもしれませんが、中国の南の島で有名です。
中国の経済特区の一つです。海南の特徴は、面積が深セン・珠海・汕头・厦門の4つの経済特区の面積の合計を大きく上回るのです。
海南は中国最大の経済特区であり、地理的に独特の位置にあります。また、中国全土で一番すぐれている生態環境を有すると同時に、相対的に独立した地理的区域であるため、全国の改革開放の試験区という独自の優位性が備わっています。
海南省全域で自由貿易試験区が建設されれば、現地で取得可能な観光ビザや、外国の金融機関の支店設置、海外の医療機関進出などをめぐる措置が実施される可能性があります。
自由貿易港の建設に関しては、段階的な自由貿易港の建設政策と制度体系が示された。2025年を目処に、自由貿易港生徒設立の第一歩を踏み出し、ビジネス環境を国内トップレベルに引き上げられるではないでしょうか。
2035年を目処に、自由貿易港の制度体系と運営モデルを一段と成熟したものにし、ビジネス環境は世界トップレベルを目指すとの方針だそうです。

これからビジネスの面では楽しみですね。