中国でのコーヒー文化

大家好!欢迎来到ビジネス中国語コミュニケーション。

今日は中国のコーヒー文化について、簡単にご紹介をさせていただきます。この数年、コーヒー文化は中国の社会では若者世代に浸透しています。

一番人気なのはスターバックスです。今後5年間で中国で3000店舗開業し、現在の店舗数からほぼ倍増させる計画だという。これは拡大を続ける市場である中国で、品格と購買力に変化が生じた証拠だと専門家より指摘されている。

昔から中国はお茶の文化で、お茶の生産量が多いが、急増する中産階級はお茶ではなく、コーヒーを選択することが多くて、この4年間で中国のコーヒー販売量は年平均16%増となった。

西洋の商品を受け入れることは、中国ではステータスで、シャネル、エルメス、スターバックスのようなブランドが中国でよく発展している原因だという。

上海市にはカフェが6500店舗があり、コスタコーヒーは中国で数百店オープンさせているがこれはコーヒー文化を持つミレニアル世代のおかげだという。今後30年間で、中国は200〜300万トンのコーヒーを輸入する可能性があるが世界の現在の供給量は690万トン、コーヒーが中国で本格的に発展した場合、コーヒーは供給不足になる恐れがあるでしょう。

☕コーヒーは中国語で咖啡(kā fēi)