未病≠健康

未病のもとは漢方の根本的な哲学です。

病気になってから治るのではなく、病気にならなくすることが大事だという説です。

超高齢社会がやがて世界的な課題となることが確実であるからこそ、課題対象国にとっては大きなチャンスです。今の日本、近い将来の中国は超高齢社会の現実に向き合う際に、そのような高齢社会を乗り切るには、病気になってから医療に依存するというモデルでは持続可能ではなくなります。

未病という概念が世界のヘルスケア分野にイノベーションを起こしたと言われるように、政府と民間が一体となった取り組みが必要になってきます。まずは「未病」という概念について、出来るだけ多くの人に認識をしてもらいたいです。

健康→未病→病気

健康産業→未病産業→医療産業

のように、すべてはプロセスとも言えます。

いかに健康の状態をキップ出来るかは個人個人の生活習慣に大きく左右されると思います。その他、健康生活の質の向上と生活全体の利便性を向上するために、最先端の高度な医療や、AI,IT,ロボットなどの技術革新が不可欠。

病気を治そう!

未病状態を改善しよう!

健康社会を目指そう!

健康世界を期待しよう!