優秀な中国人に意欲的に活躍してもらうためには、どんなことが大切でしょうか?

日本では一人の人に権限や責任が集中することをできる避け、組織やチームで仕事を進めることが多く、あえて個人の責任を明確にせず、組織やチームの調和力を重視します。
中国企業はリーダが持っている権限が明確で、リーダーの判断で意思決定が行われることが一般的です。その同時に、一人一人の役割が明確になっていて、役割に応じて権限を細分化し、責任の所在を明確にすることが多いです。
例えば、顧客とのビジネスで、誰か一人に失敗の原因があったとしても、その失敗は連帯責任だと取られ、その上司が客先へ頭を下げ、謝罪の形で、チームのメンバー全員で責任を取ることが当然であると考える日本人です。
しかし、中国人はこのようなことがなかなか理解できないようです。わざわざ客先へ会社を代表する日本企業の上司は「おかしい」「ミスをした本人が謝るべきだ」と考えます。重要な顧客でも決して相手に頭を下げません。自分は自分の責任を果たす。失敗の連帯責任という考え方が薄いようです。メンツを大切にする文化にもよく反映されていると思います。
優秀な中国人を採用したいなら、職務の「権限」を明確にして、より多くの「権限」を与えることです。その「権限」が与えられる仕事、「権限」が明確になっているポジションは魅力を感じます。これは「権限」の大きさの問題ではなく、その人に権限を与えることで、信頼感を持たせることが重要です。新人であれば、新人なりの権限、管理職であれば役職に見合う権限、役員であれば会社の意思決定に携わる権限を与えた方がいいです。「権限」がある仕事に優秀な人材が集まります。
誰にも「権限」を与えることを言っていません。やっぱり信頼できる人とできない人に識別する必要性があります。それでは、次回のブログでは、信頼できる中国人と危ない中国人を見極める方法を教えます。
楽しみにしてくださいね!